Warframe | WUKONG ビルド紹介 MOD構成

Warframe内でトップクラスの耐久力を誇りながらも認知度の低さからかマルチプレイではあまり人気のないフレームWUKONG。しかしそのアビリティの仕様を理解して扱う事が出来れば非常に強力な耐久力得る事が可能で、ダウンとは無縁のようなプレイをする事が出来る力を秘めている。今回は一部の層には人気なWUKONGのDefyビルドについてご紹介。

主な使用場面

WUKONGのアビリティは防御寄りの内容となっている為アビリティを駆使して無双するフレームデザインではないが、若干ピーキーな性能ではあるもののアビリティ2番Defyの耐久力が驚異的な性能なので主にソーティ耐久やKuvaフラッドなどの高レベルミッション全般で生きてくる。

 

Warframe内でトップクラスの耐久力

であるのだが、それを生かす為の前提として武器を仕上げる必要がある。
先にも述べた通りWUKONGは攻撃面のアビリティは乏しい為に武器でキルを取りエネルギーオーブを供給する必要がある為、使用するレベル帯を制圧出来る武器を所持している事が前提となる。

またDefyを運用する上で仕様を理解する必要があるので、それについては運用方法の項目で解説させていただきたい。

 

ビルド例

MOD編成 (3フォーマビルド)
  Steel Charge Enemy Sense  
Primed Flow Rage Armored Agility Vitality
Primed Continuity Narrow Minded Fleeting Expertise Rush

安定してDefyを活用する為に、ヘルスに対する被ダメージをエネルギーにコンバートするRage。その発動帯を広げる事とヘルス上限を上げるVitality。この2枚は必須MODと言える。
更に安定感を上げる為にエネルギーを上限を上げる(Primed)Flowとヘルス復活後の無敵時間延長の為に(Primed)ContinutyNarrow Minded。アビリティ効率の為に効果時間は少々犠牲になるもののFleeting Expertise

オーラについては管理人はWUKONGでは近接武器を扱う事が多い為Steel Chargeを用いているが、極性を変更する必要があるものの過去に紹介してきたフレームのように勢力に合わせて装甲、シールド減少オーラに変更する選択肢も入る。

主軸となるのはこのあたりで他のMODは移動速度やレーダー範囲拡大などの利便性向上の為に選択しているが、好みで他のMODと入れ替えてもDefyと主に関わる部分に関しては当たり障りなく扱う事が出来る為、Defyビルドはある程度自由度が高いと言える。

 

運用方法

まず始めに複数想定されるアビリティの効果切れに注意を払いつつ戦闘する。

落下によるリスポーンによるアビリティ効果切れタイミングでの被弾による死亡
ナリバリアに触れた事によるアビリティの解除
アビリティ禁止フィールド持ちの敵に接近された事によるアビリティの解除
エネルギードレインフィールド持ちの敵の討伐に時間がかかり苦戦する状況

次にDefyの仕様を把握する事。
Defyはアビリティ発動後にDefyにより復活を繰り返す度に復活する際のヘルス量が減少していく。
この復活する際のヘルス量はDefyを一度切り、再度発動する事でリセットする事が出来る。

例としてランク30のWUKONGに最大強化したVitalityでヘルスを+440%足した740を基準値とした場合の計算式は以下のようになる。

1回目復旧時 740×0.75 = 555
2回目復旧時 555×0.75 = 416
3回目復旧時 416×0.75 = 312
       ・
       ・
       ・

と上記のように元の最大ヘルスを基準として計算され減少していく仕様だ。
復旧時のヘルスが2以下になるとDefyが発動する事なく即ダウンとなってしまう為、最大ヘルスが740の場合は連続で17回目復活する事が可能で、18回目のヘルス超過ダメージで即ダウンとなる。ちなみに途中でエネルギー切れを起こした場合も勿論アウトとなる。

このような仕様なので隙を見てDefyを再発動する事が求められが、仕様を理解し扱う事が出来れば圧倒的な耐久力を誇る。NYXのアビリティ4番Absorbと違い移動制限がない為、近接武器でスラ格を扱う事や移動アクションも全て使用出来るので戦闘の幅はWUKONGの方が圧倒的に高いと言える。フォーカスNARAMONの透明化と合わせて扱うとDefyが保険となり、実質ほぼ無敵のような状況で敵を無双する事が可能となる。

ソーティー3のボス討伐ミッションやKUVAフラッドなどで周りが全員ダウンしている中、自身のみ平然としているといったちょっとした優越感を感じられる場面に出くわす事も珍しくない程の耐久性を誇るWUKONGを扱った事のない方は是非一度遊んでみていただきたい。

 

関連記事

  1. Warframe | LESIONの勧め ビルド紹介

  2. Warframe | 作っておきたい最強フレーム一覧

  3. Warframe|おすすめMOD フレーム部門の紹介

  4. Warframe | QUANTAの勧め ビルド紹介

  5. Warframe | BANSHEE ビルド紹介 MOD構成

  6. Warframe|おすすめMOD 近接部門の紹介

  7. Warframe | EMBER ビルド紹介 MOD構成

  8. Warframe | TIGRIS PRIMEの勧め ビルド紹介

  9. Warframe|おすすめMOD プライマリ&セカンダリ部門の紹介

月間 人気記事ランキング

ピックアップ記事

PAGE TOP